会則・規則

■ 根室産業クラスター創造研究会会則

(名 称)
第1条 この研究会は、根室産業クラスター創造研究会(以下「研究会」という)という。
(目 的)
第2条 この研究会は、根室市の産業の発展と経済基盤の強化のため、産・学・官等が協働して、調査及び研究を行い、クラスターの核となる産業の創出並びに育成のために方策を検討することを目的とする。
(構 成)
第3条 この研究会は、会の趣旨に賛同する根室市における産・学・官等各界のメンバーで構成する。但し、必要と認めるときは、この限りではない。
(活 動)
第4条 この研究会は、第2条の目的を達成するために次の活動を行う。
 (1) 地場産業の基盤強化及び新産業の創出に向けた産業連携の方策に関すること。
 (2) 産・学・官等の連携協力に関すること。
 (3) 地域のシーズ・ニーズの調査研究に関すること。
 (4) 産業クラスター創造構想の普及啓発活動に関すること。
 (5) その他産業連携の促進に関すること。
(役 員)
第5条 この研究会には、次の役員を置く
(1) 代表 1 名
(2) 副代表 若干名
(3) 幹 事 若干名
(4) 会計監事 2 名
2 役員は、研究会構成員の互選により定める。
3 役員の任期は2年とし、再任を妨げない。
4 本会は、コーディネーター並びにアドバイザーを置くことができる。
(会 議)
第6条 この研究会は、必要に応じて代表が会議を招集してその議長となる。
2 総会は、年1回、研究会の事業、会則、役員の互選に関する事項を決定する。
3 代表は、第2条の目的を達成するため、運営委員会及びワーキンググループを設けることができる。
(運営委員会)
第7条 運営委員会メンバーは、代表・副代表・ワーキンググループの長・コーディネーター・アドバイザーをもつて構成する。
(会 費)
第8条 この研究会の運営に必要な経費は、会費及びその他の収入をもつてこれに充てる。
(事務局)
第9条 この研究会の適性な運営を図るため、事務局を根室市役所内に置く。
(研究会の財務)
第10条 毎会計年度の予算は、代表がこれを調整し、総会において研究会の議決を経なければならない。
2 研究会の会計年度は、地方公共団体の会計による。
(研究会の出納員)
第12条 研究会に研究会出納員(以下「出納員」という。)を置く。
2 出納員は、代表が事務局のうちから任命する。
3 出納員は、研究会の出納その他の会計事務を掌る。
(決 算)
第13条 代表は、毎会計年度終了後2ヵ月以内に研究会の決算を作成し、研究会が指名する委員の監査を経て研究会の会議の認定を受けなければならない。
(その他)
第14条 この会則に定めるもののほか、必要な事項は代表が別に定める。
附則
1 この規則は、平成11年3月11日から施行する。
(施行期日)
  附 則(平成12年6月13日)
1 この規則は交付の日から施行する。
(施行期日)
  附 則(平成14年5月28日)
1 この規則は交付の日から施行する。
(施行期日)
  附 則(平成20年7月2日)
1 この規貝Jは交付の日から施行する。

| 規約・会則 | プライバシー・ポリシー | 問い合わせ | サイトマップ |