ワーキンググループ紹介

 
 
 
◆ タラソテラピー研究グループ
 
・設  立 : 平成12年度
・代  表 : 成 田 由 香
・構成員 :  8名
・目  的 : 根室海域に繁茂する雑海藻を題材とした化粧品原料の開発
◆ 海洋生物付着防止に関する研究グループ
 
・設  立 : 平成12年度
・代  表 : 倉 又 一 成
・構成員 : 2名
・目  的 : 有害物質を含む船底塗料等の防汚剤に代替し、環境にやさしい製品の研究・開発
◆ 牧場の多面的機能研究グループ
 
・設  立 : 平成13年度
・代  表 : 伊 藤 泰 通
・構成員 : 9名
・目  的 : 歩くという単純な行為を牧場の多面的機能を活用した環境資源、生活、文化的ストックを提供する場としてフットパスを提供し、根室滞在型観光の目玉として売り込んでゆく。
◆ 根室湾景観・資源研究グループ
 
・設  立 : 平成18年度
・代  表 : 神 内 克 彦
・構成員 : 30名
・目  的 : ラムサール条約登録湿地の「風蓮湖・春国岱」を含む優れた自然景観と豊かな自然の恵みを受けた漁業・酪農業を活用した新事業の創出を目指す。
◆ 根室スイーツ研究グループ
 
・設  立 : 平成19年度
・代  表 : 中 村 重 典
・構成員 : 8名
・目  的 : 当地域が持つ菓子技術の伝統を継承し、併せて、菓子業界が共同して取り組みを行うことで、需要の掘り起こしを行うとともに、根室スイーツのブランド化を構築する。
◆ 北海道三井化学(株)との共同研究事業
 
・設  立 : 平成24年度
・代  表 : 倉 又 一 成
・構成員 :  -
・目  的 : 根室地区に生息する植物、海藻を対象として、化粧品に有効に使用できる機能性について調査研究する。
◆ SNS活用研究グループ
 
・設  立 : 平成24年度
・代  表 : 本 田 俊 治
・構成員 : 10名
・目  的 : 日本の最東端に位置する根室市には距離的なハンディキャップがある。このハンディキャップの克服手段として、ソーシャルメディアを活用した地域情報の発信により、人的交流、地産地消・地産他消及び六次化ビジネスの可能性等を検討する。

| 規約・会則 | プライバシー・ポリシー | 問い合わせ | サイトマップ |